〜 こちらは(公財)愛媛県埋蔵文化財センターの公式ホームページです 〜


※ 画像の上にマウスを置くとスクロールが一時停止します。


  最終更新日:2022年06月20日 (月) 11:47



センターの業務は通常どおり行っています。


2022.06.09.
令和3年度 事業報告書及び収支決算書を公開しました。

2022.06.03.
共同企画展 「伊予の弥生集落  -最新の研究成果からその実相に迫る-」の内容を紹介しました。

2022.05.24.
令和3年度年報「愛比売」を公開しました。
冊子については、県内の市町・図書館・全国の関係機関などに送付しますが、
先着100名の方に、無料で配布いたします。
配布を希望される方はこちらからお申し込みください。
「紀要愛媛」第18号を公開しました

2022.04.15.
発掘へんろ展 「四国の風土と暮らし -山と人々-」の内容を紹介しました。

2022.04.20.
報告書第203集 中村田所遺跡・中村田所東遺跡・西喜光地遺跡を公開しました。

2022.04.15.
ミニ企画展 「新居浜バイパス関連遺跡群 発掘調査速報展」の内容を紹介しました。

2022.04.11.
・2022年度の普及啓発事業/展示開催予定を公開しました。







2022年度発掘調査箇所は次のとおりです。

 @松山市 辻町遺跡
 A今治市 別名端谷T遺跡 小泉吹谷西遺跡
 B西条市 北竹ノ下T遺跡 桜井遺跡 櫛引遺跡

当センターツイッターツイッターにて、発掘調査の状況などを随時お知らせしています。

 

共同企画展
伊予の弥生集落
-最新の研究成果からその実相に迫る-
2022年6月4日(土)〜7月10日(日)
愛媛県生涯学習センター 愛媛人物博物館3階 企画展示室にて

この企画展の会期中、愛媛県生涯学習センターと共同して歴史・考古学講座が開かれます。
展示をより深める内容となっておりますので、ぜひご参加ください。
※5/15(日)から募集開始 要応募(先着50名)
生涯学習センター電話(089-963-2111)または、お問い合わせフォームから
 歴史・考古学講座(受講無料)
会場:愛媛県生涯学習センター 大研修室(「学び舎えひめ悠々大学」講座)
■第1回講座:6月5日(日) 13:30〜15:30
「愛媛県の弥生集落研究について」
下條 信行 (愛媛大学名誉教授)
■第2回講座:6月12日(日) 13:30〜15:30
「文京遺跡と多様な弥生文化」
柴田 昌児 (愛媛大学埋蔵文化財調査室長)
■第3回講座:6月26日(日) 13:30〜15:30
「石斧を製作した集落・村島宮の首遺跡」
岡崎 壮一 (大洲市教育委員会)


開催中 四国地区埋蔵文化財センター発掘へんろ展
「四国の風土と暮らし -山と人々-」
2022年4月29日(金)〜7月10日(日)
松山市考古館にて
■展示解説会:6月18日(土) 13:30〜15:00 定員60名(応募多数の場合抽選)
「四国の風土と暮らし -山と人々-」
     石貫 弘泰 (愛媛県埋蔵文化財センター 主任調査員)
     首藤 久士 (愛媛県埋蔵文化財センター 主任調査員)

【応募期間】:5月15日〜6月1日(必着)
■講演会:7月9日(土) 13:30〜15:00 定員60名(応募多数の場合抽選)
「近世の砥部焼」
     石岡 ひとみ (愛媛県教育委員会専門学芸員)
【応募期間】:6月8日〜6月22日(必着)  応募はこちらから


開催中 ミニ企画展
「新居浜バイパス関連遺跡群 発掘調査速報展」
2022年4月14日(木) 〜 2023年3月17日(金)
センター1F 展示室にて


 :2022年度 普及啓発事業 開催予定:


新型コロナウィルス感染拡大防止のため、展示会場が休館している場合があります。
事前に各会場のホームページ等でご確認いただきますようお願いいたします。




愛媛県・松山市連携事業
古代いよ発掘まつり 『掘ったぞな松山』
松山市内編:2022年7月〜8月
松山市考古館にて


愛媛県・松山市連携事業
古代いよ発掘まつり『いにしへのえひめ』
愛媛県内編:2022年9月〜10月
松山市考古館にて


→ これ以前のトピックス





 当財団が行った発掘調査に関してのお問い合わせは
    公益財団法人 愛媛県埋蔵文化財センター  へ
   〒791-8025 愛媛県松山市衣山四丁目68番地1 → 当センターへのアクセス   
  Tel : (089)911-0502   Fax : (089)911-0508                    
埋蔵文化財の調査経験が豊富な職員が対応いたします。
〜 詳 細           


 当サイトのサイトポリシー・プライバシーポリシーについては、こちらをご覧ください。
 このホームページにはPDFおよびQuickTime技術を必要とするコンテンツが含まれています。
 フリーウェアのAdobeReader、およびAppleQuickTimeをお手持ちのコンピュータにインストールすることをお奨めいたします。

 AdobeReaderはAdobeのホームページから、AppleQuickTimeはAppleのホームページから、それぞれダウンロードすることができます。
Adobe READER バナー
Quicktime バナー


昨日 : 今日 : トータル :


Copyright (C)2000 The Ehime Research Center for Buried Cultural Properties. All right reserved.